ゆーてんのブログ

元東京外大生が、語学、旅、キャッシュレス、マイル、ポイントについて語るブログ

国内線版ビジネスクラス?ANAプレミアムクラス搭乗記

f:id:yuuuu7en:20180125144305j:image

 

皆さんこんにちは、ゆーてんです。昨日24日から佐賀の実家に帰省しています。

 

その時に利用したのが、ANAプレミアムクラスという座席。今回はそのレビューを書いてみました。

 

はじめに、今回プレミアムクラスに乗ろうと思ったきっかけを2つだけ。

 

➡️ まず「国内線にも座席のグレードってあんのかな?」という素朴な疑問

これまで国内移動に関しては、そもそもレガシーキャリアという選択肢が自分の中に無く、新幹線やLCCを利用していました。まずレガシーキャリアは高いというイメージしか持ってなかったので。

ある時ふと「そういや国内線にもビジネスクラス的なのってあんのかな?」と思ってネットで検索してたら、プレミアムクラスという名のやつをたまたま見つけて、「あっ、やっぱあるんやな」とその時初めて知ったんです。ただ「いやでも普通に高いやろな」と、実際に乗るというのは全然考えられず。

 

➡️「旅割」という存在

それでも「実際、値段はどんなもんなんやろ」と気になったので試しにANAのホームページで適当な日付を入れて調べてみたら、羽田佐賀の片道が22490円レガシーキャリアだと片道4~5万はするだろうと勝手な思い込みがあった(←あくまで僕のケース)ので、想像以上に安くて驚きました。

もちろんLCCよりは高いですが、新幹線とはほぼ同じくらい。

「これで座席そのもののグレードはもちろん、空港では専用チェックインカウンターラウンジが使えて、ラウンジでは飲み物が飲めて、機内では機内食も出ることを考えると乗ってみるのアリやなぁ」

 

ということで決めました。

 

今回は、羽田空港から佐賀空港までの路線。これだとプレミアムクラスの競争率も低いかなぁと思ったのも理由の一つ。(ネット情報ですが、例えば羽田 - 那覇間の路線は競争率高そう 笑)

 

「チェックイン、保安検査」「ラウンジ」「機内」「マイル」の4つのカテゴリーに分けて述べていきます。

 

 

➡️ チェックイン、保安検査場

チェックインの段階でプレミアムチェックインレーンを利用可。あまり目立たずにひっそりと構えてました(笑)

 

f:id:yuuuu7en:20180126140956j:image

 

ゲートを通るとプレミアムクラス専用のチェックインカウンターがあります。当然混んでいません。そしてそのままプレミアムクラス専用の保安検査レーンが後手に続きます。特に出発何時間前からしか入らないというやつはなく、当日中だったらいつでもチェックインと荷物預けも可能だそうです。今回はかなり荷物が多めだったのでこれは助かりました。 

 

紙の搭乗券は発券してもしなくても可ですが、その後のラウンジ利用時や搭乗時に使うのは、チェックイン時に使用したIDで統一する必要があります。僕はANAマイレージカードで搭乗券の代わりをしました。

 

 

➡️ ANA LOUNGE

全然出発3時間前くらいから入れたので、結構滞在してました。クラシック音楽のBGMが流れてて、かなり落ち着いた雰囲気。ビジネスパーソンの方々が大半で、皆さんパソコンやスマホを操作してました。電源もあるのでこれは助かりますね。僕もこのブログの草稿はラウンジの中でスマホで書きました。

 

f:id:yuuuu7en:20180126214623j:image

中は結構広め。席が空いてない事態は無さそうです。

 

ラウンジ内には、ゆったりしたソファーが何台も、それとジュース、コーヒー、紅茶等のソフトドリンクサービス(ビール、ウイスキー、日本酒、焼酎もありました)、お子さん向けのキッズルームがあります。

 

f:id:yuuuu7en:20180126214700j:image

 

f:id:yuuuu7en:20180126214714j:image

 

f:id:yuuuu7en:20180126214740j:image

 

 

➡️ 機内

なんと今回のフライトでプレミアムクラスを利用したのが僕含めて2人だけ。CAさんが丁寧に挨拶に来て下さいました

シートはかなり広め。国内線版ビジネスクラスとはいえ広さは国際線のビジネスクラスの方が広いかなと思っていましたが、ほぼ同じです。フルフラットにはなりませんが、シートもかなり倒せました。

 

f:id:yuuuu7en:20180126214441j:image

フルフラットではないですが

 

f:id:yuuuu7en:20180126214504j:image

余裕で伸ばせる

 

最も楽しみにしてたのが機内食。日本の国内線で食事は初めてだったので。たった1時間半ほどのフライトなのに機内食が付いてるのはすごい。感動。お酒も完備。

 

f:id:yuuuu7en:20180126214841j:image

 

f:id:yuuuu7en:20180126214906j:image

メニュー(ブレててすみません)

 

f:id:yuuuu7en:20180126214954j:image

軽食もあり、僕はホタテの雑炊を注文

 

f:id:yuuuu7en:20180126215105j:image

袋に入ってたおしぼりは使い捨てではなくちゃんとタオル状のもの (ここ地味に感動した 笑)

 

飛行機を降りる際は、プレミアムクラスのお客さんが優先でした。預け荷物も最初の方に流してくれるみたい。

 

 

➡️ マイル

搭乗後まもなくマイルも積算されてました。積算率が125%と、距離以上のマイルが積算されておトク。航空券もANAカードで決済したことでボーナスマイルも貰えて、この旅程だけで1100マイルほど(※)貯まりました。

 

※ 内訳 (航空券代は22490円)

① カード会社のポイントで200円で1マイル(112マイル)

ANAカード決済で100円で1マイル(224マイル)

③ 搭乗マイル (803マイル)

 

f:id:yuuuu7en:20180126150033j:image

f:id:yuuuu7en:20180126150049j:image

 

 

感想

実はラウンジに関しては国際線と国内線の2種類あって、今回は国内線のラウンジだったのですが、国内線の方でも、十分満足にラウンジ体験はできました。

今回思ったのは、旅割を使えばハードルはそこまで高くないこと。22490円だったので、当然LCCよりは高いですが、新幹線よりは少し高いくらい。それで専用チェックイン、ラウンジが利用できて、シートは広めで、機内食も付いて、マイルも貰えることを考えると、払う価値はあるかなぁと思います。仮に搭乗日がかなり前から分かっている場合は試してみてもアリかなぁと思います。

国内線なので仕方ないですが、たった1時間半ほどで降りてしまうのがもったいない 笑

 

以上、ANAプレミアムクラス登場レビューでした!